午後のうたたね

ゆるミニマリスト風主婦がふらふら漂う日常

3年迷ったアイスリング

お題「年単位で悩んで最近買った物」

夏が来るたび買うか迷っていました

ただの水ではなくて、28度ぐらいで凍る特殊な液体が入っていて、首につける「アイスリング(クールネックバンド)」が3年程前から流行っていますね。

一番初めに見かけたときは、今より種類が少なくて3,000円以上のsuoというブランドでした。勝手にsuoのアイスリングが本家と思っています。

こどもがリングをつけて、動き回って首が苦しくないのかなとか、買ったところでこどもがつけてくれるのかなどと、口コミを注意深く読んだりしていました。

自分のこどもが「アイスリングを欲しい」と言うまで、従来どおりの濡れタオルを使ってもらおうと思っていました。

小学生のリアルな口コミ

こどもの通う小学校では、今年の1学期から、登下校時と休み時間の使用が可能となりました。

とうとう、自分のこどもからも「アイスリングが欲しい」という言葉が出ました。

そしてお友達に持っている「アイスリング」に関する色んな目撃情報(?)が寄せられました。

  • 友達に貸してもらったら、すごく冷たかった。
  • 帰る前に水道水で濡らせば、中身が固まる。
  • 授業中は、机の横にかけられる。
  • 高学年女子は「白色」など目立たない色希望

取り扱い方は、私よりよく知ってそうでした。

「アイスリング」には、様々な柄があることは知っているけど、ブランドによって性能の差までは認知していない様子です。

お試しでまずは低価格のものを購入することにしました。

CICI BELLA(シシベラ)のアイスリングを購入

早速バイカラーマスクでおなじみのCICI BELLA(シシベラ)のアイスリング(Mサイズ)を購入しました。

 

口コミでは最初の15分ほどしか冷たくないとか書いていたのですが、主な使い道が15分ほどの登下校なので、十分かと思いました。

ダイソーや3coinsの1,000円以下のものはお盆を過ぎると、どこも売り切れで、実物を比べることが出来ませんでした。

そんな中で、たまたま寄った薬局で、CICI BELLAのアイスリング(Lサイズ)がひとつだけ残っていたので、実物を見ることが出来ました。

チェックのような格子柄がついているのですが、「かわいい」「おしゃれ」とは言い難い気がしました。

でも、ネットで残っているカラーはこのチェック柄だったため、その中から無難そうな「ヘーゼルナッツ」「グレージュ」のカラーを選びました。

こどもが使わない場合、大人が使う可能性があると考えたので、出来るだけ無難なカラーに落ち着きました。

はじめだけかもしれませんが、機嫌よくアイスリングをつけて学校へ向かう後ろ姿を見ると、買ってよかったなと思えました。

肩こりの私は、血行をよくするため、夏でも肩を温めた方がよさそうです。

熱中症対策に今年はハンディファンも買いました。

nemunemu3.hatenablog.com